2014年12月アーカイブ

銀行などの民間の金融機関で住宅ローンの借り入れをすると、自動的に団体信用生命保険に加入することになります。団体信用保険は住宅ローンの返済の途中で、万が一契約者が病気や不慮の事故で死亡したり高度障害になったりした場合に契約者に代わって生命保険の残高を支払うという仕組みです。このため残された家族が住宅を取り上げられることはありません。この保険料は金利に含まれているので、新たに保険料を支払う必要はありません。
20数年前に家を新築したときに、親と子共同で返済する形で近くの信用金庫で住宅ローンの契約をしました。借りた時点での団体信用保険の名義は親だけでした。しかしこの保険には、加入の年齢制限がありました。親が80歳になったときに信用金庫の人が自宅に来て、団体信用保険の名義が子に自動的に移動することなどの説明を受けました。そして、関係書類に署名、捺印して残りのローンの契約期間の保障を引き継ぐ形になりました。

バンクイックで増額審査申し込み方法とは?

レイクを利用した事がありますが、接客サービスが徹底されていたので、満足をしています。親身になって対応をしてくれる傾向にあり、疑問を感じることなく納得をしてキャッシングをする事ができたので、よかったです。入会金や年会費については徴収しておらず、気軽に契約を交わす事ができます。契約だけでもしておく事により、想定外の出費が生じて資金繰りに困ったとしても迅速に対応する事が可能です。申し込みをして審査に通過をすると、個人情報が登録されたキャッシュカードが発行されて、これを使用してATMから金銭を引き出す流れとなります。暗証番号を決めるので、他人に推測されないような数字を考えておく必要があります。そうすれば、キャッシュカードを紛失したとしても、他人に引き出される事がないです。私は、必要最低限の金銭だけを借りるように心掛けており、そして速やかに完済をしています。そのため、利息の負担で大きな損をした事が皆無です。

土日 即日融資

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。