住宅ローンは団体信用保険の加入が必須です。

銀行などの民間の金融機関で住宅ローンの借り入れをすると、自動的に団体信用生命保険に加入することになります。団体信用保険は住宅ローンの返済の途中で、万が一契約者が病気や不慮の事故で死亡したり高度障害になったりした場合に契約者に代わって生命保険の残高を支払うという仕組みです。このため残された家族が住宅を取り上げられることはありません。この保険料は金利に含まれているので、新たに保険料を支払う必要はありません。
20数年前に家を新築したときに、親と子共同で返済する形で近くの信用金庫で住宅ローンの契約をしました。借りた時点での団体信用保険の名義は親だけでした。しかしこの保険には、加入の年齢制限がありました。親が80歳になったときに信用金庫の人が自宅に来て、団体信用保険の名義が子に自動的に移動することなどの説明を受けました。そして、関係書類に署名、捺印して残りのローンの契約期間の保障を引き継ぐ形になりました。

バンクイックで増額審査申し込み方法とは?

このブログ記事について

このページは、pjが2014年12月11日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「レイクを利用した際の感想についてです。」です。

次のブログ記事は「レイクに行ってきた体験談について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。